起業したらレンタルオフィスを導入しよう|比較的安い初期投資

女の人

従業員の住まいを確保する

社内

会社の近くに東京の社宅があると従業員が満足できるでしょう。通勤時間や家賃を削減できるので従業員の仕事に対するモチベーションがアップします。会社の利益になる切っ掛けとなるでしょう。

詳細へ

オフィスを借りるには

パソコンを操作する男性

起業したらオフィスを導入する必要があります。初期投資を抑えるなら東京の貸事務所を借りると良いでしょう。起業した頃は自社ビルよりもメリットが大きいですし、移転もしやすいです。

詳細へ

お金が少ない時は

オフィスデスク

会社を経営するときはオフィスを導入すると良いでしょう。従業員が働きやすい環境を提供しつつ、取引先と打ち合わせをしたりなど使用用途がたくさんあります。また、他の企業から信用されやすいというメリットもあるので、今後の経営がスムーズになる可能性もあります。しかし、自社ビルや貸事務所を導入するにはどちらもそれなりの初期投資が必要になりますし、起業直後の企業であれば導入は難しいでしょう。そのようなときは赤坂のレンタルオフィスを借りると良いでしょう。レンタルオフィスは貸事務所と同じように毎月の賃料を支払うことで導入できますが、レンタルオフィスのほうが圧倒的に安いです。また、敷金や礼金が発生することもないですし、難しい手続きなどもないので仲介手数料も発生しません。そのため、初期投資を大幅に削減できるでしょう。導入直後は電話やコピー機などがすでに準備されおり、自分で準備して揃える必要もありません。荷物や商品に関してもレンタルオフィスの受付で一括管理しているため、大量の荷物を自分で対応する必要もありません。このように赤坂のレンタルオフィスにはメリットが多いのですが、他のフロアと薄い板で仕切りがされているだけの場合があります。隣の声が聞こえてきたり気が散る原因になることも考えられますが、そのようなときはフロアを全面貸しきれるレンタルオフィスにすると解決します。フロアを全面貸しきることで多くの従業員が入ることができますし、業務を快適にできるでしょう。

立地条件に気をつける

社内

オフィスの場所によっては今後の経営を左右する可能性があります。なるべく立地条件の良い場所に賃貸事務所を借りたほうが良いでしょう。借りるときは不動産会社に連絡して、実際に部屋を見せてもらうことが大切です。

詳細へ